【戦前予想】アジアカップのサウジアラビア戦スタメンこれだ!

アジアカップ2019決勝トーナメントが始まる。
グループリーグ日本は3試合すべて1点差で勝利。
けっして状態がよいとは言えない。

決勝トーナメント初戦の相手はサウジアラビア。
日本代表はサウジアラビアとどう戦うべきか?
セルジオ越前(トラ)偏見と独断によるの戦い方、
スタメンについて考えてみた。

広告

コンディションとスピード対策がカギ?

体力の消耗が激しい試合になる!?

サウジアラビア戦は日本時間だと21日20:00
現地時間だと15:00のキックオフ
ピッチではかなり暑さが予想される。
暑さによる体力の消耗が激しい試合になるだろう。

それに日本代表はウズベキスタン戦から中3日。
ウズベキスタン戦のあったアルアインから
サウジアラビア戦のあるシャルジャまで約2時間のバス移動。

どうしても疲労はあるだろう。
コンディション重視した選手起用を考えたい。

サウジアラビアのスピードは要注意

グループEのサウジアラビア。

  • 第1戦サウジアラビア4-0北朝鮮
  • 第2戦サウジアラビア2-0レバノン
  • 第3戦サウジアラビア0-2カタール

2勝1敗の2位で決勝トーナメント進出を決めた。

サウジアラビアの特徴として、

  • 平均年齢26歳の若さ
  • システムは4-1-4-1
  • グループリーグ3試合ともボール支配率70%超
  • FWムワラッドのスピードは要注意

若いので運動量もあり、組織的に中盤を支配する。
FWムワラッドは今大会2得点。
彼のスピードを生かした攻撃は要注意だ。

ウズベキスタン戦と同じように守っていたら
きっと先制ゴールを許してしまうであろう。

ただ、カタール戦でボール支配率72%ながら
2失点で負けている。
けっして守備がかたいとは言えない。

サウジアラビアは1ボランチであり、サイド攻撃やパスまわしで日本が中盤を支配することは可能だ。
中盤での攻防が試合を決めるカギになるでだろう。

広告

サウジアラビア戦スタメンはこれだ!

サウジアラビア戦日本代表予想スタメン

GK:シュミット
ウズベキスタン戦で先制ゴール許すもプレーは安定。
トルクメニスタン戦、オマーン戦の権田は、
2戦とも飛び出しタイミングが不安定だった。

東口がケガでなければ彼を起用したいところだが、
今回はシュミットを抜擢

DF:酒井、冨安、吉田、長友
ウズベキスタン戦の室屋はよかったが、
まだ攻守ともに酒井のほうが上。

センターバックは吉田と冨安
吉田には裏をとられないよう気をつけてもらいたい。
吉田の相棒は冨安。
槙野、三浦だと裏をとられてしまいそう。

左は長友。
攻守とも躍動してくれるだろう。

ボランチ:遠藤、塩谷
ボランチはパサータイプとディフェンスタイプ
の組み合わせが本来ベストだ。

パサータイプの青山は違和感で別メニュー調整
柴崎は本調子には程遠い。
そこで遠藤塩谷のコンビにした

遠藤塩谷はともにカバーリングと運動量豊富。
サウジアラビアの攻撃をつぶしてくれるだろう。

塩谷にはウズベキスタン戦に続いて
2戦連発の豪快なミドルも期待したい。

MF:堂安、南野、乾
サイドにはって堂安はチャンスメイク。
時には中央に切り込んでゴールを狙ってほしい。
の武器はドリブルだけでなくアーリークロス。
サウジアラビアの守備陣を翻弄したいところだ。

南野も中央でボールを待つだけでなく、
時にはサイドでも積極的にボールに絡みたい。
サウジアラビアは1ボランチだから
サイドに中央に動くことでボールには絡みやすくなるは。

選手の運動量が落ちたときに原口伊東を起用。
チームを活性化してほしい。

FW:武藤
大迫はケガでまだスタメン復帰は難しいだろう。
北川よりも武藤のほうは期待できる。
武藤には積極的にシュートをうってほしい(願望)

広告

まとめ

以上のスタメン案は
ボランチ塩谷遠藤に中盤で相手攻撃をつぶす。
堂安に両サイドから攻撃。
それで試合の主導権を握る。
というものだ。

もう一つ考えた案もある。
南野を1トップ
トップ下を堂安
右に原口
左に
という布陣

南野堂安の突破力
原口のサイド攻撃
個人的にはおもしろいと思う。
しかし森保監督の性格上その布陣をしないだろう。
武藤を尊重しそうな気がする。

今回の相手は難敵サウジアラビア。
日本は2試合で先制ゴールを許した。
トルクメニスタンやウズベキスタンとちがって
先制ゴールを許したらそのまま試合終了になりえる。

先制ゴールを奪われずに勝つためにも

  • サイド攻撃を多用して相手を揺さぶる
  • セカンドボールをひろう
  • ディフェンスの裏をとらせない

このことが重要だ。

油断せずに戦って勝ってほしいよ。
良い試合を期待しているよ。

広告