サッカー日本代表のアジアカップ2019で見えた収穫と課題は?

アジアカップ2019、結果は準優勝。

優勝できなかったのは力不足ということ。

課題を修正して今後の成長につなげていきたい。

 

大会を通じての選手採点、戦評。

そして収穫と課題についてまとめました。

広告

アジアカップ2019グループリーグの選手採点と戦評

グループリーグ各試合の選手採点と戦評はこちらから

【選手採点&戦評】アジアカップ2019トルクメニスタン戦

【選手採点&戦評】アジアカップ2019オマーン戦

【選手採点&戦評】アジアカップ2019ウズベキスタン戦

 

苦戦しつつも2連勝でグループリーグ突破。

第3戦ウズベキスタン戦を控え中心で戦えた。

それがコンディション面では大きかった。

 

試合内容は低調。

守備ではプレッシャーがかけきれず。

攻撃ではチームとして守備的な相手を崩すことができなかった

広告

アジアカップ2019決勝トーナメントの選手採点と論評

決勝トーナメント各試合の選手採点と戦評はこちらから

【選手採点&戦評】アジアカップ2019サウジアラビア戦

【選手採点&戦評】アジアカップ2019ベトナム戦

【選手採点&戦評】アジアカップ2019イラン戦

【選手採点&戦評】アジアカップ2019カタール戦

決勝トーナメントは各試合とも主力組で挑んだ。

決勝は怪我で遠藤がはずれた。

 

イラン戦はベスト試合。

他の試合ではチームで崩す攻撃は見られなかった。

広告

アジアカップ2019選手評価

【 GK 】

東口:インスタグラムで【ひょっこり東口】を投稿するなど新キャラをだした(笑)残念ながらケガのため試合に出場できなかった。Jリーグで結果をだして正ゴールキーパーを奪いたい

権田:ウズベキスタン戦以外はゴールを守ったが安定していたとは言いがたい。時々みせたファインセーブも自分で招いたピンチが多かった。新天地ポルトガルで結果を出してスキルアップを!

 

シュミット:ウズベキスタン戦はスタメンも権田の壁をやぶれず。体格もよく足元の技術もある。たまにするポカをへらすなどJリーグで結果をだし続けたい。

 

【 DF 】

吉田:キャプテンでのはじめての国際試合。プレッシャーもあっただろう。プレーにも影響がでたのか出来はいまいち。一番気になるのはスピード。相手へのよせがあまく少し反応が遅い。衰えではなければよいが。。。

冨安:今大会で成長をみせた一人。カバーリングが特によい。苦手なヘディングでもゴールを決めた。センターバックは植田や昌子もいる激戦区。今後冨安がセンターバックだけでなくボランチにも慣れてたら日本代表の選手起用の幅が広がる。期待したい。

酒井:堂安を守備面ではサポートしていたがロシアワールドカップに比べてパスやクロスの精度は低かった。堂安やボランチなど連携を深めていきたい。

長友:自慢の走力も衰えがみえてきた。いままで相手を圧倒していたが、今大会ではそういう場面が少なかった。悔しさを糧にベテランの意地を見たい。

槙野:ムードメーカーとしてチームを盛り上げた。プレーとしては裏をとられてしまう欠点がでてしまった。う~ん今後は厳しいか。

三浦:カバーリングが遅い、周りと連携がまだまだなど課題は多い。でもまだ23歳。経験をつんで成長してもらいたい。

佐々木:対人や高さという守備面はよい。ただ左サイドバックとしては攻撃面が課題。年齢を考えたらバックアッパーとしても微妙。サンフレサポとしては頑張ってほしいけどね。

室屋:相手サイド深くまで攻め上がるのはよかった。総合的な面では酒井との差はまだ大きい。これからに期待。

広告

【 MF 】

柴崎:試合勘はもどりきれなかった。運動量も少なく、パスやセットプレーでのキック精度も高くない。チームで試合にでてロシアワールドカップの輝きをもう一度みたい!

遠藤:今大会の日本最大の収穫。球際の強さ、相手の攻撃への読み、カバーリングで中盤を支配。日本代表に安定をもたらした。ドリブルもダブルタッチで相手を抜くなど成長が見えた。ミドルシュートとパスは今後も成長の余地あり。

塩谷:守田の代役で急遽代表入り。急場しのぎのボランチではカタールには通用しなかったが塩谷本人に問題はない。チームで連携を深めたらボランチ、センターバック、サイドバックとして代表の戦力になれることをアピールした。ウズベキスタン戦のミドルも圧巻だったね。今大会のベストゴール!

青山:ウズベキスタン戦で足を痛めて代表離脱。森保監督の信頼は厚いがケガが多いのは気になる。コンディション面で言えばサンフレに集中してほしいのが本音。

南野:親善試合でみせたプレーをみせることはできなかった。ダイレクトプレーを増やしてシュート精度をたかめていってほしい。

堂安:前へ向かう姿勢はよかった。ただ相手を抜き去るドリブルは見ることがあまりなくボールを奪われることも多かった。競争なしに右サイドハーフを任されるのは疑問。

原口:森保監督の意向かもしれないがポジショニングがひくい。そのため左サイドを制圧することはできなかった。中島より上をアピールしたかったが、逆に中島不在をアピールすることとなった。

伊東:スピードがあるため、切り札的な起用をされていたが試合の流れを変えることはできていない。プレーも雑に見えてしまった。海外でスキルアップをしたい。

乾:ケガした中島の代わりに代表召集。でも森保監督の信頼を得るまでにはならず、チームの切り札にもなれなかった。新天地で活躍して再度代表入りを!

 

【 FW 】

大迫:大迫がいるといないのではチームが違いすぎる。大迫のポストプレーはそれだけ大きかった。今後もドイツでスキルアップをして代表のエースとして活躍してほしい。

北川:本来は周りに生かされるセカンドストライカー。ワントップには不向き。ミスから積極性に欠け周りからパスをもらえなかった。まだ若いからJリーグで巻き返したい。

武藤:久しぶりの代表ゴール。ただ大迫の代わりにも切り札にもなれずじまい。シュートをうつまでが遅い。プレースピードをイングランドで磨いてほしい。

 

森保監督

よく言えば選手の自主性を重んじて我慢強い。悪く言えば判断が遅い。決勝戦では悪いほうがでてしまった。また攻撃面ではチームとしてどう崩してゴールを奪うのかビジョンがみえない。スタメンと控えを明確にしすぎた選手起用も今後に響いていきそうだ。次に向け課題を解決したい。

 

おまけ解説者松木:おとなしかったのは年齢による落ち着きではない(笑)初戦に権田のミスと言ってネットで叩かれたからなのか?それより試合内容のせいか?次回はもっとうるさい松木に期待。

広告

まとめ、収穫と課題

おもな収穫面は

・短期間に7試合をこなした。

・ボランチ遠藤の成長

・センターバック冨安の成長

・バックアッパーとして塩谷がつかえる

チームの底上げということでは収穫はおおかった。

 

反対におもな課題面は、

・試合中の修正が遅い。

・攻撃の崩しができていない。

・試合の流れを変える切り札が不在。

 

修正が遅いのは長谷部の不在が大きい。

現場で指示を出しながら自分のポジショニングを変えることができた長谷部。

彼の代わりはすぐに見つからない。

柴崎はそのタイプではない。

今後は遠藤に長谷部の代わりを期待するしかないだろう。

ただ選手の自主性に任せてばかりではだめ。森保監督ももっと早く指示を出さないと。

森保監督自身も反省が多いアジアカップになったことだろう。

攻撃面の課題解決、切り札問題もこれからだ。

どう課題を克服して次のコパアメリカに挑むのか。

期待しながら見守りたい。

広告