【選手採点&戦評】アジアカップ2019イラン戦

今大会のベストゲームだ!

こういう試合見たかったんだよー!!

試合開始前まで対アジア39戦負けなしのイラン
アジアカップはここまで5試合12得点0失点
GKベイランバンドを中心にした堅い守り。
1トップにスピードがあるアズムン。

そんなレベルが高いイラン相手に快勝!
試合内容も今大会最高の出来!!
こんな日本代表が見たかった!!

気持ちよく戦評と選手採点していこう

広告

試合結果日本3-0イラン

後半11分:日本・大迫
後半22分:日本・大迫
後半46分日本・原口

イラン戦試合経過

イランのフォーメーションは4-1-4-1
日本のフォーメーションは4-2-3-1

試合開始直後から攻守の切り替えが早い両チーム。

前半3分、イランGKベイランバンドのゴールキック
競り合いでボールが前線に流れアズムンが走り込む。
冨安が競り合いにいき、権田が飛び出して対応。

前半13分、中盤までさがった大迫がボールキープ、
オーバーラップで裏をとった長友にスルーパス。
長友はグラウンダーのクロスをあげて、
南野が合わせるもイラン必死のディフェンス。

前半22分、イランのカウンター。
アズムンハジサフィとワンツー。
ペナルティエリア内に侵入したアズムン柴崎をかわす。
角度のないところからシュート。
権田が足をだしてゴールならず。

その後イランのロングスローやロングパス攻撃。
日本がよく守り、0-0で前半を終える。

後半11分、大迫がイランDF裏へスルーパス。
抜け出した南野はチャージを受けて倒れる。
ここでイラン選手はファウル判定と勘違い。
主審に抗議中に南野はたちあがりボールをひろう。
左サイド深くからクロス。大迫が頭で合わせゴール!
日本先制!

後半14分、遠藤がケガで試合続行不可。
谷と交代。

後半16分、イランがペナルティエリア手前右からのFK獲得。
ジャハンバフシュの強烈なシュート。
権田がスーパーセーブ

後半18分、大迫が落として南野へ、
ゴール前に折り返すがイランDFの手に当たる。
日本がPK獲得。
大迫が冷静にPK決めて日本2-0イラン。

イランはアズムンにボールをあつめるが、
なかなか思うように攻撃のかたちにならない。
フラストレーションから試合が荒れ模様になる。

後半46分、中盤で原口がボールをうばって柴崎へ。
柴崎から南野へさらに原口とわたる。
原口はドリブルでイランDFを振り切り、
GKベイランバンドとの1対1。
原口は冷静に動きをみて左足でゴールを決める。
日本3-0イラン

そのまま試合終了。
日本が快勝した。

広告

イラン戦の日本フォーメーション

20190128イラン戦の日本フォーメーション

負傷あけの大迫がスタメン。
他はベトナム戦と同じメンバーでスタート。

60分に遠藤の思わぬケガで塩谷
73分に足を痛めた酒井にかえ室屋
89分に伊東が投入された

イラン戦の選手採点&寸評

※採点は10点満点。6点が平均。0.5点刻みで採点
セルジオ越前(トラ)の独断と偏見による採点

GK 権田:5.5
前半22分のイランのカウンターはパスミスから
ピンチを招く。その後防ぐという自作自演w
自作自演はここ数試合よくみて不安である。
後半16分はビックセーブは高評価!

DF 酒井:6.0
高さとスピードでイランの攻撃をよく防いだ。
後半25分には深くまで切り込んでクロス供給。
原口に惜しくもあわなかったが惜しかった

DF 冨安:6.5
ロングボールやロングスローに冷静に対応。
イランエースFWアズムンに仕事をさせなかった。
完封勝ちの立役者!

DF 吉田:6.5
ディフェンスライン、チームを鼓舞しながら
アズムンにあつまるロングボールに対応。
安定感があった。

DF 長友:6.0
前半12分オーバーラップ、南野へクロスよかった。
自慢の走力でイランの攻撃をよく防いだ。

MF 遠藤:5.5
立ち上がりはバタバタした。
イラン選手と球際ではげしくやりあった。
ケガの具合が心配である。

MF 柴崎:6.0
攻撃の起点となってパスをだし、よく走った。
キック精度、運動量ももどってきたか。
守備ではもう1歩足をだしてほしい。

MF 堂安:5.5
ボールを持っていないときによく走った。
前半18分は絶好のチャンスだったがノーゴール。
連携をたかめて次に期待。

MF 原口:6.0
ディフェンス重視したポジショニング
攻撃の時にはややパワー切れ
それでも最後はゴールを決めてみせた

MF 南野:6.5
試合開始から積極的に前線からプレスをかけた。
ひたむきにボールを追いかけ続け、
アシスト、PK獲得をして勝利に導く。

FW 大迫:7.0
この試合のMVP
前線でボールをキープして攻撃をひっぱる
味方へのパスでチャンスメイクするだけでなく、
2ゴールをマーク!

大迫、半端ないって!!

MF 塩谷:6.0
遠藤
負傷の緊急出場でも落ち着いてプレー
イラン相手に対人プレーで強さを発揮。
セカンドボールをひろって味方につなげた。

MF 室屋:5.5
出場した直後にイランの激しいチャージを受けた。
それでも集中してプレーしていた。

MF 伊東:出場時間短いため採点なし
このまま切り札的存在になりたいところ。

監督 森保:6.5
試合の立ち上がりがよかった。
おそらく修正してきたところ。
守備陣へ細かく指示をだしていた

おまけ:解説者 松木:5.5
ハンド!PK!
というお決まりのセリフあるも
少しお疲れ気味?試合展開のせい?
もっと熱くなってほしいw

広告

イラン戦戦評

わるかった点

  • 権田の自作自演が続いているw
  • 遠藤、酒井のケガ

よかった点

  • 大迫がはいったことで攻撃活性化
  • 安定感があった吉田と冨安
  • 南野、柴崎が復調気味
  • 塩谷の安心感
  • 乾がベンチでずっと立って声だしていた
広告

イラン戦の感想まとめ

イラン

大迫半端ないって!
あいつ半端ないって!
後ろ向きのボールめっちゃトラップするもん
そんなんできひんやん普通!
そんなの出来る?
言っといてや出来るんやったら

新聞や全部新聞や
取られたしまた一面やし
またまたまたまた2発やし
1発にしとけば良かった1発に
大迫うまいなー
どうやったら大迫止められるんやろ

ってイラン選手は言ったに違いないw

それだけ大迫の存在感がある。

前線で大迫がボールをキープすることで、
周りの選手の動き出しが活発となる。
そこから攻撃のリズムが生まれる。

大迫がいると日本の攻撃が違う。
ずいぶんよかった。

大迫だけではない。
南野や柴崎も動きは悪くなかった。
冨安、吉田も安定感があった。

今大会のベストゲームだ!

乾がベンチから立って声を出し続けていたように
チーム一丸となっているのも感じる。

けが人は心配ではあるけど
ここまできたら優勝あるのみ。
次の試合を期待しているよ。

広告