コロナ感染拡大のため営業休業ついてはお店にお問い合わせください

【選手採点&戦評】EAFF E-1サッカー選手権2019韓国戦

前節の香港戦は仕事で見逃した。
選手採点&戦評はおやすみ。

さて、今日は韓国戦。
日本は引き分けか勝利で、
韓国は勝利で、
EAFF E-1サッカー選手権優勝!

ということより、
あくまでも個人的の見解だが、
ケガなく終われるか、
次につながる試合ができるか
を重要視している。

韓国に負けた。
だから言っているのではなく、

トラ
選手は良い経験になったのでは?

というのが第一声だ。

それでは試合を振りかえろう。

広告

韓国について

正式名称は大韓民国
人口約5,100万人。

11月28日時点でFIFAランキング41位。
日本のFIFAランキングは28位。
ランキング上では日本より格下。

韓国はワールドカップ予選でも調子いまいち。
直近ではレバノンと引き分け。
ベント監督を含めてチームは批判されている。

過去の対戦は韓国が日本に勝ち越し

韓国と日本は過去70回対戦しており、
日本の13勝21分36敗

試合結果日本0-1韓国

28分:韓国・ファンインボム

韓国戦フォーメーション

韓国のフォーメーションは4-1-2-3
日本のフォーメーションは3-4-2-1

20191218韓国戦フォーメーション

選手交代は、
・45分に遠藤に代えて相馬
・63分に井手口に代えて大島
・78分に鈴木に代えて仲川

広告

韓国戦の試合展開

韓国は中国戦から中2日。
それでもプレスが早い!

前半9分:韓国の右CK。
キッカーのチュセジョンがクロス。
キムミンジェがマークを振り切りヘディング。
しかし決め切れない

前半15分:三浦がロングフィード。
ペナルティエリア手前左で鈴木がトラップ。
ドリブルしてペナルティエリア中央から右足。
しかし、ボールは枠の右に外れてしまう。

前半28分:キムジンスが左サイドからドリブル。
DFをひきつけてからファンインボムにパス。
ファンインボムはペナルティエリア手前中央から左足シュート。
日本DF複数の足をすり抜けてゴール!

韓国先制!
日本0-1韓国

その後もディフェンスラインを高く設定する日本に対し、
韓国はボールを奪うと素早く裏のスペースを突くカウンター。
日本は劣勢のまま。

前半終了!
日本0-1韓国

後半も韓国のプレスが弱くなるが、
それでもカウンターをうける日本。

後半2分:キムジンスがドリブルで切り込む。
ペナルティエリア左からマイナス方向にパス。
ナサンホはペナルティエリア中央からシュート。
枠の右に外れてしまう。

後半33分:韓国が速攻。
ファンインボムが敵陣中央からスルーパス。
ペナルティエリア内を抜け出したイジョンヒョプがシュート。
しかし、ボールはわずかに枠の右に外れる。

後半43分:敵陣中央から大島が前の森島にパス。
ペナルティエリア手前の中央にいた森島
素早い反転から右足ミドルシュート。
惜しくも枠を外れてしまう。

試合終了。
日本0-1韓国

悔しい敗戦となった。

広告

韓国戦選手採点&寸評

※採点10点満点。平均は6点。0.5点刻みで採点
セルジオ越前(トラ)の独断偏見による採点

GK 中村:6.0
よく1失点で抑えたなという印象。
失点のシーンは相手を褒めるべき。
セットプレー時での高さ、強さ。
落ち着いたプレーで安定していた

DF 畠中:5.0
韓国に裏を狙われ続けた。
1対1の守備が不安定。
縦パスする意識が高くなったのはよかった。

DF 三浦:5.0
ディフェンスライン統率失敗。
韓国の素早いプレスにあわあわしてしまう。
一度
ラインを少し下げてもよかったのでは。

DF 佐々木:6.0
韓国のカウンターやセットプレーに対して、
1対1の強さ、高さを十分に発揮。
ここ最近の試合の中では1番良い出来だった。

MF 橋岡:5.0
韓国の素早いプレスにパスミスがめだつ。
失点につながったのもパスミス。
もっと前に仕掛けをしたかった

MF 田中:5.0
井手口同様に前でプレスをかけるのか、
さがってプレーをするのかで迷っていた。
判断ミスやパスミスがめだった。
経験不足がでた試合。

MF 井手口:5.0
前へ前へボールをとりに行くも、
空いたスペースを狙われていた。
空回りをしていた印象。

MF 遠藤:5.0(45分OUT)
ほとんど前をむけて仕掛けることができなかった。
ケガの具合が心配。

MF 森島:5.5
後半43分は惜しいミドルシュートも。
よい仕掛けをすることができなかった。

MF 鈴木武蔵:5.0(78分OUT)
前半15分のシュート以外見せ場なし。
ポジショニングと連携に課題。

FW 上田:5.0
ポジショニングはよいのだよ。
どうやって枠にシュートをうつのか。
そこが課題。

MF 相馬:5.5(45分IN)
縦に仕掛けてクロスをあげることはできていた。
合わせるほうが問題なのはあるけど、
クロスの精度、バリエーションがほしい。

MF 大島:6.0(63分IN)
抜群の安定感。日本の中盤が落ち着いた。
スタメンだったら結果は変わっていたかな。

MF 仲川:5.0(78分IN)
ボールに絡むには時間が短かった。
短い時間でも結果をだしてくれる感はなかった。

監督 森保:5.0
試合中に流れを変える手はなかったのか。
選手交代以外で・・・。
準備期間が短いから仕方がない点もあるがな。

広告

韓国戦評

わるかった点

  • 韓国のプレスに翻弄された。
  • 韓国ペースのまま試合がおわった

中国戦から中2日の韓国。
試合開始とともに素早いプレス。

日本はあわててしまった。
その時点で相手ペースの試合であった。

相手ペースの試合展開。
どうやって自分たちの流れにもっていくのか
そこは引き続き課題なのだろう。

よかった点

  • GK中村の安定感
  • 大島の安定感
  • 相手ペース展開を経験したこと

試合には負けたが中村は安定していた。
権田、シュミットと正GKを争う選手が増えた。
その点はよかったのではないか。

大島も安定感を見せていた。
ボランチは決して層が厚いわけじゃない。
彼みたいな選手は森保監督はうれしいのでは?

今回のチームは若い。
格下の中国戦や香港戦みたいに
自分たちのペースで試合ができる。
のは違う。

相手ペースで試合の流れを変えれなかった。
そしてそのまま負けた。

その経験を次につなげてほしい。
この敗戦が次につながると信じている。

広告