【自由軒】こちらが元祖?大阪の名物カレー

先日大阪に行ってきた。
今回は自由軒名物カレーを紹介!

以前紹介したせんば自由軒の名物インディアンカレー
とカレーの食べ比べである。

広告

自由軒難波本店について

自由軒難波本店の店頭

名物女将の写真パネルがお出迎え。
令和の時代でも昭和の雰囲気なレトロな店頭である。

自由軒の創業は明治43年
昭和45年にのれん分けしたのが「せんば自由軒」
「せんば自由軒」は平成10年に株式会社ベクトルに商標権、営業権譲渡している。

ただ、自由軒は本物の自由軒だと強く主張している。

自由軒のれん

店頭看板に「名物カレー」の文字。

せんば自由軒は「名物インデアンカレー」
というのに対して、
自由軒は「名物カレー」
という名前でカレーを前面に出している。

なんとなく、この対立は根が深そうだw

店内にはいると決して広くはない。
テーブル席と相席形式となる長机が2つ。
開店と同時にお客さんがおおく店内写真はとれず。

自由軒本店のメニュー

自由軒店頭メニュー1

自由軒店頭メニュー

自由軒店内

メニュー表とりそこねた。
代わりに店頭ディスプレイと店内ポスターを掲載。

いたるところに「名物カレー」の文字。

  • 名物カレー並750円
  • 名物カレー大950円
  • 別カレー並700円
  • 別カレー並900円
  • 名物ハイシライス並700円
  • 名物ハイシライス並900円
  • 別ハイシライス700円
  • 別ハイシライス900円

ごはんとカレーをまぜる名物カレー。
ごはんとカレーをまぜない別カレー。

ハヤシライスでなく、ハイシライス。
ごはんと混ぜない別ハイシライス。

エビフライやステーキセットもあるが、カレーが主力なんだろうね。

今回は名物カレー並を注文

名物カレー750円

名物カレー

名物カレー750円

ご飯とカレーをフライパンで炒めて混ぜたカレー。
具は細切れの牛肉。
白米をカレーでコーティング。

山型にして山頂のくぼみには生卵。

見た目も量もせんば自由軒のインデアンカレーと変わらない。

自由軒カレー食べ方

テーブル上には名物カレー食べ方がある。

ソースをかけて、たまごをくずして混ぜる。
その前にカレーだけを
一口。。。

名物カレーそのまま

トラ
からっ!!

予想以上に辛い

今度は店内の注意書き通り、
ウスターソースを入れて
生卵とよく混ぜ合わせる。

味がまろやかになり、うまい❗

名物カレ実食ー

ソースもすこしからめかな。
まぜても辛口である。

そのせいか、どんどんスプーンがすすむ。

名物カレー実食

トラ
うまからいから、食がすすむね!

味付けはインデアンカレーより名物カレーのほうが辛い。

せんば自由軒と甲乙つけがたい。
ゆっくり食事して楽しむならせんば自由軒

昔からのカレーを食べたいなら自由軒
といったところかな。

広告

自由軒難波本店のお店情報

  • 住所:大阪市中央区難波3-1-34
  • 営業時間:11:30~21:00
  • 定休日:月曜(祝日の場合はその翌日休業)
  • 駐車場:なし
  • 座数:38席
トラ
昭和の雰囲気を感じる店内、カレーおいしいよ。
いろいろおいしいものが大阪にはあるが、
この名物カレーはネタとしても忘れられない。
次はハイシライスを食べ比べしてみたいな

広告