日本株運用状況(2018年12月末時点)暴落で大幅マイナスへ

  • 2018年12月31日
  • 2019年1月4日

12月と言えばクリスマス

投資家にとって最悪なクリスマスプレゼント

となった大暴落

 

日経平均は1時19,000円前半まで落ち込みました

トラの保有株も暴落となって収益どころか

損益が大幅となりました

広告

株の運用状況(2018年12月末時点)

保有株201812

※見えにくい場合はクリックしてください。

別ページで大きく見ることができます。

 

投資総額303,900円

に対して、

含み損益-31,760

 

2018年11月末時点に比べて

収益が37,900減りました

広告

インフルエンザ流行せず、UMNファーマは暴落

UMNファーマは塩野義製薬と提携しているから

大幅に株価落ちない

インフルエンザ流行したら株価上昇する!

とよんでいましたが、見事にハズレ

気がついたら収益マイナス6,000円になりました

 

ことしは暖冬だからインフルエンザ流行の兆しは

まだないですね

 

うーん、1月末ごろに売り飛ばすか

そのときに株価が戻っていたらよいけど

広告

景気に左右されるオリックス株

オリックスは配当増配にもかかわらず

株価低迷

 

不景気に強い「リース業」

という面より

投資事業色がつよい「金融業」

という見方が強いと思います

 

投資事業は景気に左右されやすく

他銘柄ともども暴落となりました

投資事業のリスクを嫌って売られた感もします

 

市況次第で投資事業は売り上げが大きく変わりますからね

仕方がない面もありますが、

長期的な目で見れば株価下落した今が買い時なのかも

しれません

2018年12月のまとめ

トランプショックと言ってもよい

今回の株価暴落

 

日本株はアメリカ株に関連していることを

再認識させられた12月でした

 

年があけてもアメリカと中国の関係が

一気に好転するとは思えません

関係悪化の可能性のほうが高いです

 

アベノミクスといっていた景気がよくなった

といっていた日本も結局は2019年10月の消費税増税

控えており2019年も厳しい年になりそうです

 

結局損切りしていないとこういう結果になりました(~_~;)

 

イギリスのEU離脱も控えているので慎重に動かないと

いけないですが、

下落したいまが買い時!

低位株を中心に探していきたいと思います

 

広告