【選手採点&戦評】ポーランド戦について解説!

【選手採点&戦評】ポーランド戦について解説!

日本代表は決勝トーナメント進出を

決めたけど、手放しでは喜べないね

 

セルジオ越前(トラ)です、こんにちは。

 

ポーランド戦について戦評と採点です。

Advertisement

ポーランド対日本試合結果

ポーランド1-0日本

後半14分:ポーランド、ヤン ベドナレク

試合経過

気温36℃湿度24%という猛暑のなか試合開始。

日本ポーランドともに前線からのプレスを

せずにブロックで守備をかためる戦術をとる。

 

最初にチャンスを迎えたのはポーランド

前半5分、柴崎ゴラルスキにボールを奪われ、

レバンドフスキが右サイドへ展開。ボールを再度、

レバンドフスキが受けようとしたが、戻ってきた

柴崎がなんとかクリア。

 

前半12分、今度は日本がカウンター攻撃!

ベドナレクからバックパスを武藤がカットし、

オーバーラップしてきた長友へスルーパス。

長友はダイレクトで低いクロスをゴール前へ上げ、

ニアに飛び込んだ岡崎が得意のダイビングヘッド!

残念ながらボールは枠をとらえられなかった。

 

前半32分、クルザワがドリブルで中央突破。

右サイドをあがってきたベレシンスキへ展開し、

ペナルティエリア右から中央へクロスをがあげる。

そのクロスをグロシツキがあわせてヘディングを

放つも、GK川島がゴールライン上のぎりぎりで、

右手一本ではじいて失点を防いだ。

 

その後、お互いにカウンター仕掛けるも

決め手に欠いてそのまま前半は0-0で終了。

 

後半開始直後に日本にアクシデント発生。

岡崎が怪我をし、大迫と交代。

 

日本はゲームプランが崩れた影響からか、

徐々は中盤が間延びし始めていた。そこを

ポーランドは見逃さずに攻勢にでる。

 

後半14分ポーランド山口のファウルを誘ってゴール

前左でFKを獲得。キッカークルザワが左足で正確な

キックを前線でフリーになっていたベドナレクのもと

へ供給する。

ベドナレクは右足で合わせてポーランド先制!

 

追いつきたい日本を投入するも攻撃の形を

なかなか作れない。

 

後半30分過ぎ、他スタジアムで同時刻に試合

していたセネガルコロンビアの試合で

コロンビア先制の情報が日本ベンチに入る。

 

コロンビアが1-0勝利の場合、得失点差でセネガル

日本は並ぶが、イエローカードとレッドカードの枚数

による反則ポイントで日本セネガルを上回り、

日本の決勝トーナメント進出が決まる

 

日本は長谷部を投入し、守備の安定とチームを

落ち着かせることを図る。

 

ゆっくりとしたボール回しを始めた本に対して、

ポーランドも無理せず、そのまま試合終了。

 

日本は0-1で負けたが、コロンビアセネガルに1-0で

勝利したため、日本の決勝トーナメント進出が決めた。

Advertisement

ハイライト動画

日本フォーメーション

セネガル戦からスタメンを6人入れ替え

試合スタート時は4-4-2

長谷部投入時に4-1-2-2-1にシステム変更

 

セネガル戦選手採点&寸評

※採点は10点満点。6点が平均。0.5点刻みで採点

あくまでもセルジオ越前の独断と偏見による採点

 

GK 川島:6.5

32分グロシツキのヘディングをよく防いだ。

59分の失点はフリーのため防ぎようがない。

過去2戦に比べてピンチをよく抑えていた。

 

DF 酒井宏:7.0

日本代表の中ではこの試合のMVP

20分はナイスクリア!クリアしていなければ確実に

決められていた。あの場面でゴールを決められていた

ならばもっと大差で負けていてもおかしくない。

その後もピンチを防ぐなど守備は安定していた。

得点には結びつかなかったが効果的なオーバーラップ

やクロスにも期待できた。

 

DF 吉田:5.0

相変わらずセットプレー時にマークがずれて

失点しまう。セットプレー時の指示や吉田自身の

マークが課題。それ以外の場面でも連戦の疲れか、

暑さのためか、動きが重く感じた。過去2戦に

比べて物足りなかった。

 

DF 槙野:5.5

レバンドフスキへの対応はまずまずできた。

58分にはCKのこぼれ球をオーバーヘッドする

など槙野らしいプレーもできていた。

失点となったフリーキックでは相手に体をよせる

などしてほしかった。

個人としては2枚目イエローカードで退場して

戦犯とかにならなくてよかったw

 

DF 長友:5.5

試合開始直後によいフィードを見せた。

タイミングのよいオーバーラップはは効果的なの

だが、クロスの精度が低い。背の高い相手に高い

クロスより低くて早いクロスをあげてほしいね。

何回も同じ事をいってしまうけどw

 

MF 山口:5.0

レバンドフスキへのパスを何回かカットし、

仕事をさせなかった点はよい。

前半はよくセカンドボールもひろっていた。

ただパスミスも多く、柴崎の負担を増やした。

失点のきっかけとなるファウルもいただけない。

 

MF 柴崎:5.5

スタメンが多く変わったためか、周りとの

呼吸が合わず過去2戦に比べてパスミスが目立った。

ミスにより何回かカウンターでうけてしまったのが

マイナス点。守備面では以前より成長しているね。

 

MF 酒井高徳:5.0

サイドだけでなく、中央へ切り込んだりしていたが、

相手に脅威を与えるには程遠い。酒井宏と動きが

重なる場面もあった4-4-2の右MFとしては不十分。

というか不慣れな右MFでなぜ起用した??

 

MF 宇佐美:4.0

積極的なドリブル仕掛けをみせたが、キレがなく

簡単にポーランドDF陣に止められていた。

角度がないところでシュート打つより低いクロスの

選択肢はなかったのか?期待ができない攻撃だった。

に比べて攻撃面だけでなく守備面や運動量で劣る。

もっと走らないとダメ。

 

FW  武藤:5.0

動きが遅いポーランドDF相手に積極的に飛び出し

をしていたが、シュートまでうてない場面が目立った

トラップせずにダイレクトプレーを増やすなどして

工夫がほしかった。気合が空回り??

 

FW 岡崎:5.5

飛び出しやダイビングヘッドでゴールを狙うが不発。

もっと周りにパスを要求してもよかった。

献身的な動きは相変わらず。ケガの具合が心配。

 

【途中出場】
MF 大迫:5.5(47分香川と交代)

1トップでなく2トップとしてだったためか、

低い位置でしかボールがもらえなかった。

チャンスメイクはしていたが・・・

もっと前で仕事をしたかった。

 

MF 乾:5.5(65分と宇佐美と交代)

同点に追いつくため切り札として投入。

効果的なパスがもらえずイライラしていた。

いつもよりバタバタとしたプレーに見えた。

 

MF 長谷部:5.5(82分乾と交代)

西野監督の指示通り、ボランチや最終ラインの位置

から露骨すぎる時間稼ぎwww

チームに落ち着きを与えることに成功した。

Advertisement

戦評まとめ

なぜ、スタメンとフォーメーション変更?

西野監督は決勝トーナメント進出を考えて

イエローカード1枚の乾や長谷部だけでなく、

原口、大迫、香川、昌子を温存した。

 

コロンビア、セネガルとスタメン固定だったので

コンディションの問題があったのかもしれない。

 

そして問題は4-4-2のフォーメーション

右MFに慣れていない酒井高を起用したのが謎。

致命傷にならなくてよかったよ。

 

4-2-3-1のフォーメーションならまだ右MFとして

酒井高を起用してよかったと思う。

全体のバランスを考えるなら4-2-3-1のほうよかった

 

ポーランドは普通にやって勝てる相手ではない。

日本より格上のチームなんだ。

 

それなのに自力で勝ちに行くスタメンと

フォーメーションではないよね。

最初からセネガルとコロンビアの試合次第の

運頼みだったんじゃないかなと思ってしまうよ

 

暑さのせいもあるけど、全体的に動きが重いの

も気になった。

 

西野監督のスタメンとフォーメーション

変更は、完全に失敗だよ

Advertisement

決勝トーナメント進出は運頼み?

試合に負けて勝負に勝った

というけど、たまたま運が良かっただけ。

 

確かに日本が攻勢にでたらポーランドは

カウンターでゴールを狙っただろう。

 

でも、コロンビアが2-0でセネガルに勝っている

ならまだしも残り10分から1点差。

 

もしセネガルコロンビアに追いついたら

どうしていたんだろうね。

 

難しい判断だったと思うけど、

西野監督は大ギャンブラーだねw

今回は本当に運がよかったよw

 

せっかく自力でコロンビアに勝って

セネガルと引き分けての勝ち点4

最後で運任せにしたのは残念だった。

 

決勝トーナメント進出したとはいえ、

チームの勢いがなくなる。

 

決勝トーナメントに進出したからには

ポーランド戦で泥臭くサッカーして

勝とうとしていたのは酒井宏、長友、岡崎

ぐらいじゃないかな?

 

宇佐美なんてあんな運動量が少ないなんて

よくわからないよ。

 

原点にもどり走るサッカーをしてほしい。

 

対戦相手もベルギーに決まった。

波乱を起こすためにも走り倒して、

ベルギーを倒してもう1度勢いにのってほしいね

 

頑張れ、日本!

関連記事:サッカー日本代表に1番足りないもの