【選手採点&戦評】コロンビア戦について解説

「サッカーは何が起こるかわからない」

セルジオ越前(トラ)です、こんにちは。

 

今回の試合はこの言葉どおりの

思わぬ試合展開だったね。

広告

日本対コロンビア試合結果

コロンビア1-2日本

前半6分:日本・香川(PK)

前半39分:コロンビア・キンテーロ(FK)

後半28分:日本・大迫

 

試合経過

前半3分、コロンビアのC・サンチェス香川

シュートをハンドで止めてしまい、1発退場。

PKキッカーは香川。きっちり決めて日本が先制。

日本は数的有利になったが、攻守のバランスが崩れ、

コロンビアが攻め込まれる。前半39分不用意なミスで

FKをあたえ、キンテーロに直接決められてしまう。

そのまま前半は終了1-1で終了。

 

後半は数的有利を生かした攻撃を仕掛けた日本。

後半28分に途中出場の本田からのCKを大迫

勝ち越しのヘディングで決める。コロンビアも

反撃に出るが日本が守り切り2-1で日本が勝利した。

 

ハイライト動画

日本スタメン

コロンビア戦選手採点&寸評

※採点は10点満点。6点が平均。0.5点刻みで採点

あくまでもセルジオ越前の独断と偏見による採点

 

GK 川島:4.5

前半13分ファルカオへのシュート対応できたが、

39分のキンテーロのFK。壁にも責任はあるけど、

はじくこともできなった川島もポジショニング、

反応が悪すぎる。ほかはそこまで出番がなかった。

安定感に欠けるので中村東口のほうがよいよ。

 

DF 酒井宏:6.0

久々のスタメン出場だったが守備は安定していた。

攻撃面でシュートを積極的に打つ場面もあったが、

相手に脅威を与えるまでにはいかなった。

運動量もあったし、及第点の出来。

 

DF 吉田:6.0

相手エースのファルカオに何本かシュートを

打たれたがなんとか抑えた。後半のCKからの

ヘディングは決めてほしかった。

もっとできるはず。

 

DF 昌子:6.5

吉田をはじめ、チーム全体のカバーリングを

無難にこなしていた。大きなミスもなく、

西野監督の起用応えた。

 

DF 長友:7.0

気合十分。18分のクアドラードの対応はよかった。

のスペースを消してしまう攻撃面でのミスや

失点の原因となったクリアミスあったが、

豊富な運動量でピッチで躍動した。

 

MF 長谷部:6.0 

失点原因となったファウルではファルカオ

1枚上手だった。またパスミスがやや多かった。

後半、柴崎より前にでていたのが気になったが、

チームのバランスを考えてプレーできていた。

 

MF 柴崎:7.5

長谷部とバランスをとりながらゲームメイク。

ピンチ時に幾度となくボールを奪うなど守備

でも活躍。司令塔から守備まで豊富な運動量で

チームに貢献した。

MF 原口:7.0

攻撃では雑なプレーもあったが、

酒井宏との守備連携はまずまず。

攻守に全力を尽くして走っていた。

どちらかといえば守備でチームに貢献。

 

MF 香川:6.5

前半3分の大迫への縦パス、その後自身でもシュート

をうつなどしてC・サンチェス退場させた。

香川の良さがでたプレーであった。PKも落ち着いて

決め、守備でも前線からプレッシャーをかけた。

その後、徐々に存在が消えてしまったことと、

本田との交代時にゆっくり歩いていたのが残念。

リードしていたわけではないので、走らないと!

 

MF 乾 :6.0

もっとペナルティエリア付近で仕掛けたかった。

追加点をとるためにもきめてほしかった。

あと攻撃面では長友とうまく連携できていない。

後半最後など守備面ではチームに貢献。

もっとできるハズ!

 

FW 大迫:7.5 

この試合のMVP

前半3分香川からの縦パスからのシュートは

決めることできなかったが、あれで勢いが出た。

やはり縦パスがでれば生きる選手。

 

よく動いてシュートを打てた。

CKからのヘディングは見事!

欲を言えばもう1点決めてほしかったなw

78分ロドリゲスのシュートブロックで日本を救った。

大迫、半端ないって!!

 

【途中出場】
MF 本田:5.0(70分香川と交代)

勝ち越しゴールをアシストしたCKはよかった。

ただケガをしたのか?全く走れなかった。。。

日本が数的有利を放棄したようなものだった。

C・ロナウド、メッシみたいに相手に脅威を与えれる

選手だと勘違いしているだけならとんでもない。

(ケガをしていないなら)全力で走れ!!

 
MF 山口:6.0(80分柴崎と交代)

難しい時間から落ち着いてプレーしていた。

攻撃を仕掛けてきたコロンビアに対して

冷静に対処。

 

MF 岡崎:6.0(85分大迫と交代)

コンディションが心配されていたが、

全力で前線からプレッシャーをかけていた。

本田より全然動けていた

広告

戦評まとめ

エスコバルの悲劇を繰り返すな!

アメリカワールドカップでオウンゴールをして

しまったコロンビアDFのエスコバル

コロンビアに帰国後に射殺されてしまいました。

 

今回の試合で開始早々で退場になってしまった

C・サンチェス。今後の彼の安否が心配だ。

エスコバルの悲劇は繰り返されないように

してほしい。

勝ったけどモヤモヤした

試合開始早々に数的有利をつくった日本。

それなのにバタバタしてしまっていたね。

 

後半は少しは落ち着いて攻めてはいたが、

決勝リーグ突破に得失点差が必要な場合

もあるので、もう1点はほしかった。

 

前半3分のようなゴールへ向かうプレーが

もう少しほしかったね。

 

関連記事:

日本代表よ、こうやってゴールを奪え!

 

それにしても、

途中交代ででてきたのに走れない本田

勝つためにプレーしているのか疑問だったよ。

 

川島も精彩が欠けたプレーが多い。

練習試合からセットプレーからの失点

が多いのは川島にも原因がある。

 

その反面、原口長友あたりは

気迫をだして全力で走っていた。

 

日本は弱いのだから走らないとダメ!

戦えない選手はいらない!

 

勝ち点3は大きい

コロンビアから勝ち点3を奪うとは

誰も思わなかっただろう(本音)

 

金星だといってよい。

 

決勝トーナメントにいくために

この勝ち点3を無駄にしてほしくない。

残り2戦を泥臭く全力で戦ってほしい。

 

関連記事:

サッカー日本代表に1番足りないもの

広告