日本代表よ、こうやってゴールを奪え!

日本代表よ、こうやってゴールを奪え!
Advertisement

この記事は6月9日2時に行われるスイス戦直前に

書いたものです。

 

こんにちは、5月30日ガーナ戦のなさけない

日本代表の戦いぶりに1度心が折れた

セルジオ越前です。

詳しくはトラのプロフみてね

 

今日はサッカー日本代表がどうやって

ワールドカップでゴールを奪うべきか

考察します。

 

西野監督は攻撃に危機感?

スポーツニュースをみるかぎりでは、

まだ西野監督は4バックや3バックやまだ迷っている様子。

就任して間もないため、仕方がないね。

 

サッカーはゴールを決めないと

勝てないスポーツだ

 

記者会見などで攻撃についての発言が多いのは

最近日本代表がゴールを奪えていない危機感から

だと思う。

 

提言①ワンタッチプレーを増やせ!

日本の試合をみて、

早くシュートを打てよ!!

とか、

トラップしてシュートが打てない

そんなシーンをよく見るでしょ??

 

この動画を見ていただきたい。

(プレー集は30秒過ぎから)

この動画は世界最高峰の選手の1人、

クリスティアーノ・ロナウド

 

スピードを生かしたドリブラーのイメージが強い

C・ロナウドだけど、ここ最近のゴールはほとんど

ワンタッチだとニュースになっていたね。

 

世界最高峰の選手ですら、ワンタッチでシュートを

打たないとゴールが奪えなくなっているとも言える

 

日本代表には、シュートもだけど、

もっとワンタッチプレーを増やせ!

と言いたいね。

 

提言②サイド攻撃だけにこだわるな!

西野監督はサイドを広く使ってゴールを狙う

サッカーして目指しているみたいだね。

 

でも、いざ試合になるといつもワントップの大迫

によいパスがほとんど来ないのが気になる。

 

大迫だけじゃない、武藤も岡崎も絶対的に

ヘディングが強いわけではない。

高いボールばかりセンタリングする

サイド攻撃では、そうそうゴールは奪えないよ。

 

この動画を見ていただきたい

この時、ゴールを決めたのは別の選手だけど

チャンスメイクしたのは高校生時代の大迫。

 

しょっせん高校サッカーだ、

相手がたまたま前のめりだった

というのはわかる。

 

でも、このようなプレーを

日本代表ではほとんどみられない。

日本代表でもこのような縦パスを

大迫にだしてみてほしいね

 

サイド攻撃が悪いわけじゃない。

サイド攻撃だけにこだわるな

そう言いたい。

 

時には縦パスをまじえたり、アーリークロスを使うなど

して相手を揺さぶったほうがゴールが奪える可能性が

高くなるんじゃないかな。

 

まとめ

日本のゴールが見たいんじゃ!!

 

大迫、ハンパないって!

叫ばせてくれ!!

Advertisement