コロナ感染拡大のため営業休業ついてはお店にお問い合わせください

【選手採点&戦評】EAFF E-1サッカー選手権2019中国戦

今日は出かけており、
帰宅が遅れた。
そのため前半途中からテレビ観戦。

さて今回は
EAFF E-1サッカー選手権
東アジアサッカー連盟EAFFの主催大会。

旧大会名は、
東アジアサッカー選手権、
EAFF東アジアカップ。
大会の前身は、
1990年~98年のダイナスティカップ。

2003年に第1回大会を日本で開催、
以後2年ごとに開催されている。
開催は日本、韓国、中国3か国持ち回り。
今回は韓国大会である。

決勝リーグは、
シード国の日本、韓国、中国。
予選を勝ち上がった香港
計4か国による総当たり戦。

E-1サッカー選手権は、
国際Aマッチデーとは別日程で開催。
そのため海外組招集ができない。

日本だけでなく、
他の国もベストメンバーを組めない。

トラ
国内組に期待したい!

今日は初戦の中国戦。

課題はでたが、新戦力も台頭。
まずまずの試合内容だ。

試合を振りかえろう。

広告

中国について

正式名称は中華人民共和国。
人口約14億人にいる大国である。

中華マネーで海外人気選手をよぶなど、
中国プロサッカーも盛り上がり中だ。

11月28日時点でFIFAランキング75位。
日本のFIFAランキングは28位。
日本より格下だ。

中国は11月のワールドカップ予選で、
フィリピンとは0-0で引き分け
シリアに1-2で敗戦。
と苦戦した。

その結果名将リッピが中国代表監督辞任。
後任はまだ決まっていない。
今回リーティエが暫定で指揮をとる。

今回国内の主力を招集していない。
そのためBチームだといえる。

中国と日本は過去26回対戦しており、
日本の12勝7分7敗

試合結果日本2-0中国

29分:日本・鈴木武蔵
70分:日本・三浦
90分:中国・ドン シュエシェン

中国戦フォーメーション

中国のフォーメーションは3-4-2-1
日本のフォーメーションは3-4-2-1

20191210中国戦フォーメーション

いつもの4-2-3-1でなく、
A代表でははじめての3バック。

選手交代は、
・72分に鈴木に代えて田川
・84分に橋岡に代えて相馬

日本代表初出場組は4人。
森島、橋岡、遠藤、田川

広告

中国戦の試合展開

前半17分:左サイドFKを獲得した日本。
キッカーは井手口
右足で速いクロスを送る。
三浦があわせたボールがファーサイドに。
畠中が飛び込んで右足で合わせるも
ポストにあたりゴールならず。

前半25分:中国フォンジンがロングパスを受ける。
左サイドから速いクロスを入れる。
佐々木が素早くカバーしてブロックする

前半29分:左サイド佐々木が縦パス。
上田がDFをひきつけてヒールパス。
抜け出してきたのは森島
森島は左足で弾道の低い高速クロス、
飛び込んだ鈴木が直接合わせてゴール!

日本先制!
日本1-0中国

前半31分:ロングボールに橋岡が対応。
ジャンジーポンは足を大きく振り上げて
橋岡の首元を削るカンフーキック!
レッドカードでなくイエローカード。
カンフーサッカー・・・

前半37分:中盤で橋本から森島へパス。
あがってきた遠藤へスルーパスを出す。
遠藤はペナルティエリア左に進入、
するどい切り返しで鈴木へパス。
鈴木はシュートもDFブロックにあう。

前半終了!
日本1-0中国

後半8分:ペナルティエリア右へこぼれたボール。
中国右サイドバックミンティアンが反応。
弾丸シュートはポストでゴールならず。

後半25分:後半劣勢だった日本がCKを獲得。
キッカーは井手口
クロスを蹴り込むと三浦がヘディング!

追加点!
日本2-0中国

後半28分:左サイドの敵陣中央から遠藤上田へパス。
上田は再び遠藤へパス。
遠藤はペナルティエリア左の田川にスルーパス。
田川はクイックターンでゴールに向く。
しかし中国DFによってシュートうてず。

後半45分:中国ジンジンダオがアーリークロス。
フリーで抜け出したドンシュエシェンがヘディング。
中村が反応するもゴール。

日本2-1中国

試合終了。
日本2-1中国

苦戦しつつも勝利!

広告

中国戦選手採点&寸評

※採点10点満点。平均は6点。0.5点刻みで採点
セルジオ越前(トラ)の独断偏見による採点

GK 中村:6.0
最後の失点は悔しいだろう。
ちょっと防ぎようがなかった。
安定感をみせていた

DF 畠中:5.0
前半のカバーリングはよかった。
最後の失点シーンで0.5減点。
攻撃の起点としてもいまいち。

DF 三浦:6.0
うれしい代表初ゴール。
1対1での競り合い、強さも発揮。
3バック中央でディフェンスライン統率よかった。
ただ最後の失点シーンはいただけない。

DF 佐々木:5.0
1対1や高さで強さをみせるも、
攻撃の起点にはなれず。
キャプテンマークをまいて奮闘するも
すこしバタバタしていた印象。
完封で試合を終えたかった。

MF 橋岡:5.5(84分OUT)
カンフーサッカーの被害に・・・。
大きなケガしなくてよかった
守備の対応はまずまずも攻撃面で課題。
交代時に本人も苦笑いをみせていたが、
代表初出場で緊張したか?

MF 橋本:5.5
中国に攻撃スペースをあたえなかった。
後半はロングボール攻撃の対応でバタバタ。
セカンドボールへの反応が少なくなった。

MF 井手口:5.5
要所でのパスやクロスで魅せた。
後半は中国の流れにのまれた感がある。
チームの流れをもう少し変えたかった。

MF 遠藤:6.0
スピードで何度も左サイドを突破。
森島上田と連携もよし。
日本のリズムをつくった。
これからの活躍が期待できそうな選手。

MF 森島:6.5
MAN OF THE MATCH
テクニシャンぶりを発揮。
遠藤上田鈴木をいかしていた
ゴールを意識したプレー姿勢がよい!
今日は森島中心の日本代表だった。

MF 鈴木武蔵:5.5(72分OUT)
うれしい代表初ゴール。
ワンタッチで決めたのがよい。
おそらく本人は納得していない。
もっとポジショニングを意識したい。

FW 上田:5.5
相手DFをひきつけて森島へのヒールパスは見事。
ポストプレーとしては及第点。
ゴールがほしかったところだ。

MF 田川:5.5(72分IN)
鋭いターンを見せて前へ向く。
その姿勢はよし。
ただ他では見せ場なかった。
もっと長い時間みたい選手。

MF 相馬:出場時間短いため採点なし(84分IN)
ボールに絡むには時間が短かった。

監督 森保:6.0
短い準備期間なのに3バックを採用。
そして勝利できたのは収穫。
最後の失点シーンやロングボール対応は課題。

おまけ解説 稲本や闘莉王:4.0
言いたいことを素直に言えていない。
歯切れが悪い。
もっと感情だしてもよいよw

広告

中国戦評

わるかった点

  • ロングボール対応で後手
  • 3バックが攻撃の起点になっていない。

後半の中国はロングボールで攻勢。
背の低い井手口などは対応に苦慮。
なんどか危ない場面もあった。

背の高いボランチがいれば対応も違っていたかも。

何度かしのいたが最後で失点。
相手はフリーであった。
失点シーンは3バックの反応が悪かった。

また3バックは攻撃の起点、
この試合で攻撃の起点としては寂しい。
機能したとはいえない。

よかった点

  • 3バック採用したこと
  • 森島、遠藤など新戦力台頭
  • GK中村の代表復帰

E-1サッカー選手権は優勝したい。
いくら中国相手とはいえ、初戦である。

よく3バックを採用したよ。
準備期間が短かったのに。
これから解消すべき課題もでたが
試合で試せた意味合いは大きい。

そして森島や遠藤などの活躍、
中村の代表復帰はうれしい。

海外組だけじゃない!

韓国、香港相手にもがんばって、
国内組の意地をみせてほしいね。

 

広告