【選手採点&戦評】ワールドカップ2022アジア2次予選タジキスタン戦

カタールワールドカップ2022アジア2次予選。
今日はタジキスタン戦。

前回モンゴル戦は仕事の都合で観戦できず。
そのため選手採点と戦評はお休み。
録画できていなかったからな・・・

ワールドカップ初出場を狙うタジキスタン。
現在タジキスタンのFIFAランキング115位。
日本FIFAランキング31位よりだいぶ格下。

ただ日本代表は油断禁物。
10月10日モンゴル戦からの中4日。
しかも日本から14時間かけてタジキスタンへ移動。

特に海外組はヨーロッパ各地から日本、
そしてタジキスタンと移動。
何キロ移動しているのだろう、、、

トラ
選手のコンディションが気になるね。

日本代表はどんな戦いをしたのか。
試合を振り返ってみたい。

広告

試合結果日本3-0タジキスタン

53分:日本・南野
55分:日本・南野
82分:日本・浅野

タジキスタン戦の日本フォーメーション

タジキスタンのフォーメーションは4-1-4-1
日本のフォーメーションは4-2-3-1

日本のスタメンはこちら
20191015タジキスタン戦フォーメーション

モンゴル戦スタメンから4名入れ替え。
鎌田、堂安、橋本、植田。

試合途中の選手交代は、
63分に中島に代えて浅野

80分に鎌田に代えて南野
87分に南野に代えて久保

広告

タジキスタン戦の試合経過

タジキスタンは2戦連続完封勝ち中。
大観衆のサポーターの前で金星を狙う。

今日の試合会場はタジキスタンホーム。
人工芝のスタジアム。

その人工芝の影響か?
試合早々にタジキスタンにアクシデント。
前半9分にジュラボエフが足を痛め選手交代。
タジキスタンとしては痛いね。

前半13分:日本のコーナーキック。
キッカー中島が正確なクロス。
中央で吉田がボレーシュートを放つが、GKヤチモフがセーブ。
こぼれ球に鎌田が反応するもファウル。

前半23分:鎌田のトラップミス。
ボールをうばったタジキスタンは速攻。
Aジャリロフがペナルティエリア左へスルーパス。
パンシャンバが抜け出し権田との1対1に。
権田がスーパーセーブをみせる。

前半36分:吉田がハーフウェー付近から右サイドへロングパス。
そのボールをトラップした酒井が小さく後ろにいた柴崎へパス。
柴崎はダイレクトで速いクロスあげて南野が頭で合わせる。
ただボールはおおきく枠をはずれる。

前半39分:タジキスタンのカウンター。
パンシャンバが左サイドから正確なクロス。
Mジャリロフがフリーでゴール前へ走り込む。
そのまえに権田が処理。

善戦をみせるタジキスタン。
なんか落ち着きがない日本。
前半終了0-0

後半8分:中島が左サイド深くから正確なクロス。
相手DFのマークをはずした南野がヘディングを決める。
日本先制!
日本1-0タジキスタン

後半10分:柴崎がペナルティエリア手前から右サイドへスルーパス。
走り込んだ酒井がダイレクトで正確なグラウンダーのクロス。
ゴール前で南野がヒールで流し込む。
日本2-0タジキスタン

後半18分:ウマルバエフ吉田の縦パスをカット。
タジキスタンが速攻を仕掛ける。
Mジャリロフが左足でシュートを放つも権田がセーブ

後半33分:タジキスタンがFKを獲得。
キッカーのパンシャンバがするどいクロス。
走り込んだベクナザロフが右足で合わせる。
ボールはわずかにゴール右に外れる。

後半37分:中央の堂安から右サイドの酒井へパス。
酒井は右足でファーサイドへ正確なクロス供給。
浅野が頭で合わせてゴール。
日本3-0タジキスタン

粘るタジキスタンだったが、
そのまま試合終了。
日本3-0タジキスタン

日本はアウェー決定力に欠けたが、
しっかりと勝ち点3を獲得した。

広告

タジキスタン戦選手採点&寸評

※採点は10点満点。6点が平均。0.5点刻みで採点
セルジオ越前(トラ)の独断と偏見による採点

GK 権田:6.5
前半23分の1対1のピンチをビックセーブ。
もし決まっていたらその後試合展開は大きく違ったはず
予想以上に攻めてくるタジキスタンを完封。
好セーブと安定感をみせていた

DF 酒井:7.5
今日は特に攻撃で目立った。
正確なクロスで2アシストをマーク。
右サイドバックとして存在感をアピール。

DF 植田:5.5
フリーでシュートうたれる場面も。
完封勝ちしたとはいえ、安定していたとはいえない。

DF 吉田:5.5
前半のコーナーキックからの決定機は決めれず。
ロングパスで攻撃リズムはつくった。
守備面ではボールへの寄せが甘い場面も。

DF 長友:5.5
要所でタジキスタンの攻撃を防ぐ。
攻守ともにいつもより存在感はなかった。

MF 橋本:5.5
慣れない人工芝に戸惑う場面が多かった。
いつもに比べてセカンドボールの反応も悪かった。
消極的なプレーが目立った。

MF 柴崎:6.0
パスをちらして攻撃のリズムを生む。
起点となって2ゴールをよび込んだ。
人工芝のなかではよくやったかな。

MF 堂安:5.5
ゴールを決めたい欲求はみていてわかったw
でもゴールを決めれない。
決定的な仕事がよくできたわけでもない。
リフレッシュが必要なのかも。

MF 中島:6.0(63分OUT)
南野の先制点をアシスト。
チームが右サイド中心の攻めだったが、
時折左サイドからチャンスメイクした。

MF 南野:7.5(87分OUT)
MAN OF THE MATCH
前半に決定機をはずすこともあって、
自身もチームも嫌なムードではあったが、
そのなかで先制ゴールを決めた。

ワールドカップ予選開幕から3試合連続ゴール。
カズ以来の快挙!

試合ではさらに貴重な追加点も!
チームが苦しい時に決めたゴール。
大きな仕事をした。

FW 鎌田:5.0(80分OUT)
チャンスメイクやボールキープをみせるも、23分のミスもいただけない。
仕事ができたとはいえない。

 

MF 浅野:6.0(63分IN)
何回か決定機ははずしてしまったが、
ひさしぶりの代表ゴール。
新しいオプションとして存在をアピール。

FW 永井:出場時間短いため採点なし(80分IN)
相手へのプレスでチームに貢献

MF 久保:出場時間短いため採点なし(87分IN)
時間がみじかいためゴールに迫れず。
森保監督はこの出場時間でなにをさせたかったのか。
使わないならクラブに専念させてほしいね。

監督 森保:6.0
アウェーで勝ち点3を獲得。
善戦をみせるタジキスタン相手にも落ち着いて対応。
浅野の交代も追加点をよんだ。

おまけ解説 松木5.5
前半終わりに少しヒートアップ。
それ以外にはただの飲み屋のおやじw

何回コーナー??と聞くねんw
ちゃんとみてwww

広告

タジキスタン戦評

わるかった点

  • ボールへのつめが甘い
  • マークがずれて危ない場面も・・・

タジキスタンは予想以上に攻めてきた。
ホームとタジキスタンサポーターの後押しがあったのもあるだろう。

冨安が不在だったからか危ない場面もあった。
完封勝ちしたとはいえ、ボールへの詰めの意識をもっともつべきだろう。

よかった点

  • アウェーでしっかりと勝ち点3獲得
  • 苦しい時間帯にゴールを決めた南野
  • 酒井の正確なクロス
  • 浅野のひさしぶりゴール

中4日という強行日程でもアウェーで勝ち点3
予選突破に大きく前進した。

強行日程と人工芝というなかで大きなケガはなかった。
あ、堂安の肩が少し心配。

タジキスタンが勢いにのりつつあった苦しい時間帯。
その時間帯に南野がきめた2点は大きかった。

今日みたいに前半の苦しい時間帯をしのいでゴールを奪う試合展開はチームとして大きな経験となる。

そして、今日2アシストの酒井
酒井のクロスは素晴らしいね。
日本の大きな武器である。

その酒井のクロスで久しぶりにゴールを決めた浅野
いろんな選手がでてくることがチームを活性化する。

どんどん新しい選手にでてきてほしい。
次はどんな選手が活躍するか。
次の試合に期待するとしよう。

次は久保のスタメンをみたい。

広告