【選手採点&戦評】キリンチャレンジカップ2019ボリビア戦

今日の試合は強化試合ではなかった。

今日の相手はボリビア
標高3,000m以上の高地にある国だ。
高地で鍛えた体力はあるが、日本より格下。

その格下相手に収穫が少ない試合だった。
その反面、
日本代表の課題がでた試合。

どのような試合だったか振り返ろう。

広告

試合結果日本1-0ボリビア

後半30分:日本・中島

ボリビア戦の試合経過

ボリビアのフォーメーションは4-2-3-1
のようにも4-4-1-1にも見える・・・
日本のフォーメーションは4-2-3-1

前半23分:香川がダイレクトでフリーの乾へパス。
はペナルティエリア左から中へ切れ込みシュート。
GKの正面ではじかれる。

前半44分:右サイドの西から宇佐美へパス。
宇佐美はシュートするもジャストミートせず。
そのこぼれ球にが反応してボレーシュート
ボールは枠の上へとはずれる。

ボリビアは人数をかけて守備を固め、
日本は攻めるが決め手に欠けたまま、
前半0-0で終了。

後半2分:がロングパスをうける。
走りこんできた安西へパスするも呼吸がずれる。

後半13分:畠中へ縦パス。
は絶妙なスルーパスを鎌田へ。
鎌田はGKと1対1になるがゴールを決めれない。

乾、宇佐美に代えて堂安、中島。
香川に代えて南野
といつものメンバーに選手交代。

後半30分:堂安がボリビアのパスをカット。
堂安はドリブルで前へ進み、南野にパス。
南野は左の中島にパスを出す。
中島はペナルティエリア左で相手をかわし、
シュート!ゴール!!日本先制!

日本1-0ボリビア

後半33分:中島がペナルティエリア手前から意表をつくループシュート。
クロスバー直撃でゴールならず。

試合終了:日本0-1ボリビア

ボリビアの攻撃まったく印象のこらずw
日本の決め手に欠ける攻撃ばかり目立った。

広告

ボリビア戦の日本フォーメーション

畠中、橋本が代表デビュー。
コロンビア戦からスタメン総入れ替え。
というフォーメーションだった。

広告

ボリビア戦の選手採点&寸評

※採点は10点満点。6点が平均。0.5点刻みで採点
セルジオ越前(トラ)の独断と偏見による採点

GK シュミットダニエル:5.5
ボリビアが攻めてこないので出番少ない。
少しバタバタしていた

DF 西:5.5
効果的なオーバーラップやパスをみせた。
ただ連携不足。
ドリブル突破してもよかったが・・・

DF 三浦:5.0
反応が遅く、相手に体を入れられる場面あり。
相手がボリビアだからよかっただけで・・・。

DF 畠中:5.5
代表デビュー。1対1の守備は落ち着いていたかな。
守備を固めるボリビアに対してパスが出せず。
連携面では苦労していた。

DF 安西:5.5
クロスの精度、乾をはじめ周囲との連携。
持ち前の攻撃力を発揮できたとは言えない。
戻りは早いが1対1の守備はまだ弱い。

MF 橋本:5.5
代表デビュー戦。守備力の高さはみせた。
ただボールを奪った後のプレーが遅い。
パススピードを早くしたい。

MF 小林:5.0
フリーで上がった時にボールもらえない。
中盤でボールをさばくも、ボールロフトが多い。
など存在感を発揮できたとはいえない。

MF 宇佐美:5.0
決定的なシーンは乾の時だけ。
積極的に動こうとしたいたが、体のキレない。

MF 香川:5.0
良い形でパスをもらえない。。。
サイドチェンジのパスはよいのだが、
縦パスをもっと増やしたいところ。

MF 乾:5.5
フィニッシュ精度に欠けた。
チャンスメイクや積極的な動きはよい。
あとはフィニッシュだけ。
ゴールしたかった。

FW 鎌田:5.5
動き出しはまずまず。
後半12分の決定機は決めたかった。
大迫みたいなポストプレーを求めるのは酷。
パスの出し手さえいれば・・・

MF 堂安:5.5
パスカットからカウンターでゴールにつなげる。
スタメンよりも相手がつかれた時に交代出場。
そのほうが堂安の良さが生きるかもと思った。

MF 中島:6.5
この試合のMVP
ドリブル突破!パス!シュート!
存在感を十分に発揮してゴール!
見ていてワクワクするプレーだった。

MF 南野:5.5
中島のゴールをアシスト。
自身は決定機をはずすなど空回り気味。
南野1トップを試してほしい。

MF 柴崎:5.5
パスで攻撃のリズムをつくった。
日本の攻撃のスイッチ役だった。

MF 佐々木:5.5
攻撃はオーバーラップみせたが、、、
守備面は安定したプレーを披露

MF 鈴木武蔵:出場時間が短いため採点なし
落ち着いて枠にシュートを飛ばすようにしたい。

監督 森保:4.0
スタメン総入れ替えで挑んだが我慢しきれず。
結局途中から中島、堂安、南野、柴崎を投入。
控え組とスタメンを明確に分けすぎ。
香川と中島を長い時間一緒にプレーさせるなど連携面向上や選手の化学反応をひきだす工夫がほしい

広告

ボリビア戦戦評

わるかった点

  • スタメン組と控え組を分けすぎ。
  • 選手層の薄さがわかる試合だった
  • ペナルティエリアの内で勝負できていない。
  • 大迫不在の代役を見つけられない
  • 中島が不在時の攻撃陣が不安

よかった点

  • 中島のプレー

ボリビア戦の感想まとめ

今日の試合でよかったのは中島だけ。

森保監督の選手起用に疑問がのこる試合だった。
招集した選手のコンディションをみたかったのか?

相手がつかれたときに中島、堂安は投入は効果的。
というのが知りたかったのなら話は別だがねw

香川は動きにキレがない。
宇佐美はなぜよんだのかわからない。

主力と控えを明確に分けているなら、
主力何人かを残して控え組を起用したらよかった。

テスト失敗した試合だった

そして大迫不在時の攻撃の形は中島頼み。
そもそもチーム戦術としてどうなんだろ?
攻撃のかたちは個人頼みでみえてこない。

ポストプレーできる大迫がいないときは、
2トップを試してみる。
あえて0トップにしてみる。
そんな考えは森保監督にないのか?

選手起用と攻撃のオプションを考えないといけない

コパアメリカまで時間はない。
なのに今日の試合は疑問がのこり残念だった。

広告