広島人が愛するソウルフード!うどんと和菓子のちから、中華そばも!?

広島市民が愛しているのは

お好み焼きだけではない

 

以前、広島のソウルフードとして

「むすびのむさし」を紹介

 

今回は「ちから」

うどん、和菓子、中華そば

である。

 

うどん?

和菓子?

中華そば?

 

広島市民以外はわけがわからないでしょうが、

広島ブランドである

 

某テレビ番組を見る感覚で

ぜひ読んでいただきたいw

ちからってどんな店?

※写真は八木店

 

1935年(昭和10年)創業

広島市、呉市に31店舗展開している

うどんと和菓子の外食チェーンである。

広島市内の中心部に多く出店している。

 

店外に向いた対面式の販売スペースと

店内の飲食カウンターを併設している

店舗がほとんどである

 

また、化学調味料はできるだけ使用しない

即席材料化をしない姿勢が特徴である

主力商品①うどん

ちからの主力商品はうどんと和菓子!

写真は

他人とじうどん(620円)

おはぎ(110円)

あんころ(110円)

 

めん類と和菓子を一緒に食べる

これがトラのちからスタイルだ

 

うどんの特徴

麺は柔らかめ

コシや歯ごたえはほどよくある

少しもちもちした食感

 

むさしもそうですが、

広島のうどん麺は柔らかめですね

うどんのだし

北海道の昆布

ちからオリジナルブレンド削り節

兵庫県竜野の淡口醤油

広島とはほとんど関係がない

でつくった本格的なだし

少しだけ甘めでやさしい味です

 

このやさしいだしに、

たまごが加わると・・・

ほっこりした、さらにやさしい味になる

 

二日酔いの日で胃がムカムカする時には

ちからのたまごうどんがオススメ!

すごいほっこりしますw

 

肉は味付けはあっさり

醤油辛いや甘辛いタイプとは違います

しつこくない。

うま味をだしています

主力商品②おはぎ、あんころなど和菓子

ちからの特徴として和菓子の販売があること

右がおはぎ(110円)

左があんころ(110円)

 

おはぎは、

ほんの少し塩味をついた蒸し上げた餅米を、

北海道産小豆で作った粒あんで包んでいます。

塩味がききすぎず、甘さもつよくなく

上品な甘さのある味となっています

 

あんころは

餅を北海道産小豆で作ったこしあん

で包んでいます

伊勢名物の赤福とは違うのは、

味も甘さもくどさがないことかな

 

おはぎは通年商品、あんころは季節商品

どちらも広島産ではないけど

トラの大好物ですw

 

他にも通年商品では

きなこ、あん入りきなこ

季節商品として

わらび餅、芋ねり、桜餅、かしわもちなど

があります

お土産用としてお持ち帰りもできます

広告

中華そばもオススメ!

うどん、和菓子ときましたが

実はちからの中華そばが美味い!

中華そば(650円)

どこか昔懐かしい味

まぁ40年近く食べてきたんですけどねw

変わらない味なのです

麺は中細麺

中細麺なのでスープとからみやすく、

弾力がある麺は美味しい

スープは豚骨醤油ベース

あっさりながらもコクのあるスープは

シンプルだけどなんだかクセになる味

ついつい飲み干してしまいそうになりますw

トラは中華そばにもおはぎとあんころ

おはぎ、あんころが好きなんですわw

そば、むすび、いなりなども

そばもある

そば粉を8割の配合したそばは

のど越しがよい

 

うどん、中華そば、そばは

ミニも大盛もできる

 

甘いものが苦手な人は、

むすび、いなり、赤飯むすびなども

ごはん類も販売しているので、

 

ミニの麺類と好きなご飯ものを注文

するのも一つの手だ

まとめ

もっと店舗チェーン拡大ができるのに

ちからの工場から配達できる範囲だけ

での出店にこだわるのは

昔からの味にこだわっているから

 

化学調味料をできるだけ使用せずに

広島産にこだわらず各地の良いものを

つかって昔の味をまもっているから

 

それがちからである

 

ただのうどん屋さんではない

うどんも和菓子も中華そばも

広島市民に愛されて根付いた店

 

そんな地元に愛されているお店で

1度食べてみてはいかがでしょうか?

 

ちからのお店ははホームページ

で探してみてください

 

これからもいろんな広島グルメを

紹介していきたいと思います

広告