広島人のソウルフード「むすびのむさし」を紹介

広島のソウルフードと言えば

「お好み焼き」

が有名だろう。

 

お好み焼き以外では

「つけ麺」「汁なし担々麵」などを

思い浮かべる方もいるのではないだろうか。

 

今日紹介するのは、

お好み焼き、つけ麺、汁なし担々麵でもなく、

おむすび(おにぎり)の店である。

 

おむすびがソウルフード??

他県の方からしたら不思議でしょうがないだろう。

 

なんだ、むすびか。。。

と思ったかもしれないが、

とりあえず最後まで読んでほしいw

広告

むすびのむさしってどんな店?

創業60年。

長いこと広島人に支持されている店。

 

広島市を中心に10店舗展開のチェーン店。

店舗によってメニューは違う。

※写真ぼやけてすいません、メニューは本通り店

 

見ての通り、

おむすび(おにぎり)、うどん

を中心としたメニュー。

 

看板メニューの俵むすびは、

販売総数1億2千万個突破!

はんぱない数字だw

店頭では持ち帰り弁当も売っている。

 

広島駅新幹線口店やマツダスタジアム店では、

連日弁当が売り切れるほどの盛況ぶりである。

 

ちなみにマツダスタジアム店は

球場特別弁当である。

広告

1番のオススメは若鶏むすび

1番オススメのメニューは、

若鶏むすび(880円)

  • 梅むすび
  • 昆布むすび
  • 鶏肉のからあげ3つ
  • ウィンナー
  • 生キャベツ
  • 枝豆
  • オレンジ

メニューだけ見ると少し高めに感じるが、

実は結構なボリュームw

なにより、うまいのだ!!

おむすびが特別デカいわけではない。

 

おむすびは

出汁がついたご飯であり、絶妙な塩加減

のりがしっとりでマッチしている。

美味い!

大きめな若鶏のからあげ

独自のころもで揚げてあって

しっかりした味になっている。

 

食べ応えがあって少し固めw

揚げたて、冷めても

どちらにしても美味い!

 

ソーセージは鶏肉とは違うので、

また違った味を楽しめる。

 

パリパリのキャベツ、枝豆は箸休め。

唐揚げの合間に食べることで口がさっぱり。

そしてこれ、ビールに合うんだなw

 

オレンジはデザート。

リフレッシュできて満足!

 

メニューだけみると素朴なメニューだが、

ぶち(広島弁ですごいという意味)美味い組み合わせ!

 

お弁当でも売り上げNo1!!

お弁当の場合、売り切れになりやすいので、

早めの購入をオススメします!

広告

むさしのむすび(おにぎり)はクセになる

一部の人からしたら塩辛いという意見はあるが、

クセが強いわけではないw

なぜかクセになる味なのだ。

 

むさしのむすびは、

出汁がきいている俵むすび

塩加減重視な銀むす

その中間的な手巻きむすび

とある。

 

どれも、ふっくらとした食感。

ひとつひとつ手で職人が握っている。

 

むすびを作れるようになるには

2年間修行が必要だという噂も・・・

(本当かどうか知らないw)

 

作りたてはもちろんだが、

冷めてもおいしいのが特徴。

 

絶妙な塩加減、出汁の味も合わさって

そこら辺のおにぎりとは比べものにならない。

 

俵むすびも美味いが、

トラが好きなのは銀むす(180円)

シンプルな見た目。

そして中身の具はない。

これが、なぜかバクバク食べれるのだ。

美味い!!

そして、食べたら笑顔になるむすびであるw

広告

むさしのうどんは広島のうどんである

肉うどん(730円)

甘めの味付けされた肉に、

しゃきしゃきのネギ

 

出汁も少し甘めであり、

麺は柔らかめである

広島のうどんは、だいたい麺が柔らかめ。

麺の柔らかさが出汁とよくからむ。

それでおいしさをひきたてるのだ。

 

広島人は、うどんと言えば、

むさし、もしくは「ちから」

というもう一つの広島のチェーン店を

思い浮かべるのである。

 

ちからの紹介はまた後日。

広告

まとめ

という事で、

広島に来たらお好み焼きもよいけど、

帰りにはむさしの弁当買ってみてちゃい!

 

どこか懐かしい味がして、

ぶちうまいけぇ!!

 

むさしの店舗一覧はこちらから

 

ぜひ、1度おこしくださいませ!!

広告