【選手採点&戦評】コパ・アメリカ2019ウルグアイ戦。日本は大健闘!

今日の試合はおもしろかった!

今日の相手は強豪ウルグアイ。
2018年にキリンチャレンジカップで対戦している。
【選手採点&戦評】キリンチャレンジカップ2018ウルグアイ戦

その時は日本での親善試合。
今回はコパ・アメリカ。
ウルグアイにとって本番。
本気モードである。

一方、日本は前節チリに0-4と完敗
決勝トーナメント進出するには負けれない。
本気モードのウルグアイたいしてどこまでできたのか?

試合を振り返り、選手採点と戦評について書いていきたい。

試合が見れなかった人は見逃がし配信中
無料お試し登録はこちら

試合結果日本2-2ウルグアイ

25分:日本・三好
32分:ウルグアイ・スアレス
59分:日本・三好
66分:チリ・ヒメネス

ウルグアイ戦の日本フォーメーション

ウルグアイのフォーメーションは4-4-2
カバーニ、スアレス
の強力な2トップ。
この2人をどう抑えるかが試合のカギだ。

20190621ウルグアイ戦日本フォーメーション

日本のフォーメーションは4-2-3-1

1トップには岡崎、
トップ下に安部
右サイドハーフに三好
左ボランチは板倉
右サイドバックに岩田
ゴールキーパーに川島

中2日のチリ戦からスタメン6名変更。
久保はベンチで出場をまつ。

広告

ウルグアイ戦試合経過

前半1分:センターサークル内からスアレスが意表を突くロングシュート。
ボールはわずかに枠上に外れる。

前半10分:中島が速攻をしかけて安部にスルーパス。
安部はペナルティエリア手前左から浮き球を送る。
岡崎がヘディングシュートを放つも、ゴール枠外。

前半25分:スローインを受けた柴崎が右へ大きくパスを出す。
スペースで受けた三好はドリブルで縦に切り込む。
ペナルティエリア内でラクサールをかわし右足シュート。
日本先制!
日本1-0ウルグアイ

前半29分:ペナルティエリア内こぼれ球にカバーニがダイレクトで合わせる。
カバーニに対して植田が足裏をだした
と判定。
PK判定。(VARで主審が判断し、植田にイエローカード)

前半32分:スアレス川島の逆をついて落ち着いてゴール。
日本1-1ウルグアイ

前半36分:同点で勢いにのるウルグアイ。
カバーニがペナルティエリア手前から強烈なミドルシュート。
ボールはクロスバー右隅に直撃。

前半終了。日本1-1ウルグアイ

後半10分:ウルグアイ速攻。
ディフェンスライン裏カバーニが抜け出す。
ペナルティエリア手前の中央からシュート。
これは川島がセーブする。

後半14分:左サイド杉岡から中島
中島はドリブルでディフェンダーをひきつける。
オーバーラップした杉岡へパス。
杉岡は中央へセンタリング。
GKがボールをこぼし、三好が押し込む。
日本2-1ウルグアイ

後半21分:ウルグアイ左CK。ロデイロが左足でクロス。
冨安に競り勝ったヒメネスがヘディングシュートを決める。
日本2-2ウルグアイ

後半35分:ウルグアイは攻勢を強める。
左サイドからクロスを上げスアレスがヘッド。
ボールはクロスバー直撃。

後半49分:ゴディンが頭で前方に送る。
スアレス植田にマークされても素早く反転。
ペナルティエリア手前からシュート。
枠外に外してしまう。

試合終了日本2-2ウルグアイ

ウルグアイ戦の選手採点&寸評

※採点は10点満点。6点が平均。0.5点刻みで採点
セルジオ越前(トラ)の独断と偏見による採点

GK 川島:6.0
久々の試合で2失点。
それでも久々に良い出来だったのでは?

55分のカバーニのシュートはよく防いだ。

DF 岩田:5.0(87分OUT)
落ち着いて試合に入れたように見えたが、
ボール空振りでピンチを招くなど不安定。
クロスの質もよくなかった。

DF 植田:5.5
PK判定は微妙。
アンラッキーともみえなくもない。
もったいない失点だった。
空中戦や1対1で強さを発揮していた。
出来自体は悪くなかったが・・・。

DF 冨安:5.5
攻守にわたり縦への意識はつよかった。
カバーニ
になんとか対応できていた。
同点ゴールのヒメネスの対応がもったいない。

DF 杉岡:5.5
中島との連携で三好のゴールを演出。
守備面では突破されることもあった。
粘り強く守った印象。

MF 柴崎:6.5
ウルグアイの攻撃を遅らせる守備。
視野が広いパスなど攻守にきいていた。
三好へのアシストなどゲームをコントロールした。

MF 板倉:5.0
試合勘が鈍っていたのか動きが重い。
ボールロストやパスミスなど不安定。
不安定なプレーをウルグアイに狙われていた。

MF 三好:7.5(83分OUT)
今日のMAN OF THE MATCH

ドリブルがキレキレ。
勝負する、前へ行くという意識が高かった。
貴重な2ゴールをマーク。
数少ないチャンスを確実にものにした。

MF 中島:5.5
判断がいつもにくらべてプレー判断が遅い。
キレのあるドリブル突破やパスもあったが、
守備面を気にしているのか?
らしくないプレーもあった。

MF 安部:5.5(67分OUT)
トップ下というよりほぼツートップ気味。
前からプレッシャーをかけて守備貢献。
チャンスは少なかったが、もっとできたはず。

FW 岡崎:5.5
久しぶりの代表戦。
前線であの運動力はさすがの一言。
チャンスでのシュートは枠外が多かった。
代表51ゴール目を決めたかった。

FW 上田:5.0(67分IN)
高さを生かす場面はあった。
それでもシュートまでいけず。
相手へのプレッシャーをかけまくるとか、
カバーニみたいにシュートで終わる、
チームを勇気づけるプレーがほしかった。

MF 久保:採点なし(83分IN)
ウルグアイ攻勢であまりボールに絡めず。
ワンプレーに期待もチャンスはこなかった。

DF 立田:採点なし(87分IN)
途中交代でスアレスと対峙とプレッシャーのかかる場面。なんとか対応した。

監督 森保:6.0
チリ戦からスタメン6人交代。
ウルグアイ相手によくチームを立て直した。

広告

ウルグアイ戦戦評

わるかった点

  • 中島はドリブル突破にこだわりすぎでは?
  • シュートが枠の外がおおい
  • 柴崎の相方ボランチが不安定

ここ最近、中島はドリブル突破が多い。
パスのだすところが少ないのもあるのか、
もっとパスという選択肢を増やしたがよい。

ドリブルだけならDF読まれてやすい。
パスがあってドリブルもシュートも生きる。

また日本のシュート12本中、枠内は3本。
枠内に飛ばして相手に脅威をあたえたい。

心配事といえば、柴崎の相方ボランチ。
今日の板倉はプレーが不安定だった。
チリ戦中山同様に存在感がうすい。
次戦までに修正したいポイントだ。

よかった点

  • 相手へのプレッシャーかける姿勢。
  • 柴崎のパス展開からのサイド攻撃。
  • カバーニ、スアレスから学べる点があった。
  • 決勝トーナメント進出の希望がでてきた

岡崎安倍が前線からプレッシャー。
守備が苦手な中島もチリ戦よりもプレッシャーをかけていた。

三好柴崎も要所でカバーリングしていた。
そのことで植田冨安スアレスカバーニになんとか対応できたと思う。
ウルグアイに29本シュートを打たれながらもよく2失点でおさえたものだw

全体的に守備のできはチリ戦と比べてよかった。

攻撃面では相手スペースをついた柴崎からのサイド展開。
中島や三好のサイド攻撃もよかった。
もう少し攻撃に厚みやミドルシュートが増えたらよいね。

今日はウルグアイのカバーニスアレスから学べる点があった。
2人とも形にこだわらず常にゴールを狙っている。
特に今日のカバーニはほとんどシュートで終わる。
シュートで終わることが大事。
そう認識した試合でもあった。
ぜひ日本攻撃陣も学んでほしいね。

さて、ウルグアイに引き分けた。
決勝トーナメント進出の可能性がでてきた。
コパ・アメリカは次戦はエクアドル戦

今日みたいな試合内容で勝ったら最高だろう。
ぜひ、勝って決勝トーナメント進出を決めてほしいね。

今日の試合が見れなかった人はこちらで見逃し配信中。
ぜひ試合を見てみてほしい。
無料お試し登録はこちら
130以上のスポーツコンテンツが見放題!

広告